So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黒川上流~旧・葛生・3 [紅葉]

                     「淡き彩音」
淡い彩音



淡い彩音







黒川上流から旧・葛生へ紅葉撮影に行ってからそろそろ2週間が経とうとしています。
その2ヶ所も紅葉はほぼ終わったと思います。小山市街地の紅葉も終盤にさし掛かりましたが、
完全に散る前に今年最後の撮影をしたいと思います。
nice!(27)  コメント(2) 

黒川上流~旧・葛生・2 [紅葉]

                     「秋朱の音」
秋朱の音



                     「透彩の音」
透彩の音



透彩の音

                          栃木県佐野市仙波町・金蔵院  2017年11月中旬





鹿沼の黒川上流から旧・葛生の金蔵院へ向かいました。
着いた時間が日の入りまで1時間を切っていて、太陽は山々の稜線の下にあって光は既に
ありませんでした。
まだ緑の残る楓の木も多く見られましたが、真冬の様な冷たい風が絶えず葛生の山里の寺院を
通り抜け、指先も悴むくらいの寒さに加え晩秋の夕暮れの寂しさも感じて来ました。
nice!(27)  コメント(8) 

黒川上流~旧・葛生 [紅葉]

                     「裕彩」
裕彩



裕彩



裕彩

                         栃木県鹿沼市板荷  2017年11月中旬





先週末(19日日曜日)は、鹿沼市の黒川上流部から旧・葛生町(現・佐野市)へと紅葉撮影に行って来ました。
先々週から続く寒気の流れ込みで、鹿沼の北部は北風が一層冷たく季節は初冬を通り越していました。
nice!(22)  コメント(4) 

滝川渓谷~花貫渓谷~大子町・3 [紅葉]

                     「晩秋彩栄」
晩秋彩栄



晩秋彩栄



晩秋彩栄

                           茨城県大子町大子・永源寺  2017年11月中旬







滝川渓谷から高萩市の花貫渓谷に移動しました。しかし、紅葉シーズンでの大混雑を懸念してなのか
渓谷内の車両の乗り入れを全面不可として、渓谷入口で車両通行止めとなっていました。
最寄の駐車場から徒歩で渓谷まで行かなければなりませんが、この時で女房の足首は捻挫で腫れて
痛みがあって、渓谷まで歩いて行ける状態ではありませんでした。

R461沿いにある物産センターで昼食を摂りましたが、かなりの混雑で昼食にあり付けるまで1時間半
くらい掛かり、今回の花貫渓谷はお昼ご飯食べだけに時間を費やした結果となりました。
陽は既に傾き、奥久慈の山々の稜線の下に沈みましたが、今回の最後の紅葉見物地となった大子町の
永源寺へ向かいました。
通称紅葉寺と呼ばれる大子の紅葉の名所です。日没が迫っていても駐車場は満杯でした。
nice!(34)  コメント(4) 

滝川渓谷~花貫渓谷~大子・2 [紅葉]

                     「光流に彩る」
光流に彩る



                     「紅彩」
紅彩

                      福島県矢祭町上関戸内・滝川渓谷  2017年11月中旬






滝川渓谷の頂上で撮った紅葉です。初めは渓谷の一番下の朧滝から下1/3以上は登るつもりでしたが、
女房が足首を捻挫したので登山は断念して、頂上へは車で移動しました。女房の足首は赤く腫れていました。
頂上は下より風が冷たく感じましたが、日差しはポカポカと暖かかったです。紅葉は丁度見頃でした。
nice!(26)  コメント(2) 

滝川渓谷~花貫渓谷~大子 [滝・渓谷]

                     「晩秋終る」
晩秋終る



晩秋終る



晩秋終る

                          福島県矢祭町・滝川渓谷朧滝  2017年11月中旬






先週末(12日日曜日)は、矢祭町の滝川渓谷から高萩市の花貫渓谷、そして大子町へと紅葉撮影に
行って来ました。まず最初は滝川渓谷の朧滝です。
今回は女房とはな[犬]も撮影に同伴して紅葉狩りを楽しみました。
しかし、この撮影地の朧滝ではな[犬]が突然急に動き出して、リードを持っていた女房がそれにより岩場で
足を取られて足首を捻挫してしまいました。
初めての所で、初めての渓谷という環境の変化に何か急に驚いたのでしょうか?
その結果その後の行動に支障が出てしまいました。

nice!(29)  コメント(14) 

湯西川温泉へ [紅葉]

                     「光り彩る」 
光り彩る



光り彩る

                          栃木県日光市西川・湯西川ダム  2017年11月上旬







奥会津の晩秋の紅葉を撮り終えてから湯西川温泉へ向かいました。
温泉へ向かう途中、湯西川ダムで撮った唐松の紅葉です。道路脇のガードレール越しから撮りましたが、
そのガードレールが2,3本の細いワイヤーロープのみで、下はほぼ垂直の切り立った崖で怖かったです。
道路はカーブでの下り坂で、それを走る車は下り坂のため加速していて、それもまた怖かったです。
nice!(24)  コメント(4) 

晩秋の奥会津へ・2 [紅葉]

                     「オトニョ・ノスタルヒア」
オトニョ・ノスタルヒア



オトニョ・ノスタルヒア



                     「晩秋彩山」
晩秋彩山



晩秋彩山






唐松の紅葉も木によってはしてなくてまだ青い木も割と見られました。
唐松ではない何らかの木もまだ全部青く、緑の薄さからして杉や檜などの常緑樹ではないです。
この時期にして紅葉するのがバラバラなので、植物って不思議な物だと思いました。
熨斗戸での撮影を終えて湯西川温泉へと向かいました。


Nikon D750  TAMRON SP70-200mmF2.8 G2

F/8  ISO/800  絞り優先オート  WB/オート  4枚共通

nice!(29)  コメント(10) 

晩秋の奥会津へ [紅葉]

                     「落葉」 
落葉

                                 福島県南会津町唐沢峠  2017年11月上旬



                     「晩秋」
晩秋



                     「終わる秋陽」
終わる秋陽

                             福島県南会津町熨斗戸  2017年11月上旬






週末はまたまた飽きもせず、晩秋の紅葉を求めて奥会津へ行って来ました。
楓などの中秋の紅葉は、大分葉を落としたり残っていても色褪せていたのは予想通りでした。
まだしっかりと色付いていた楓の木を見ると一瞬目を奪われたりしましたが、先月2週連続で来た
台風の影響で大分落葉したと思われます。
山の頂上付近は、どの山を見ても木々に葉を付けてる事も無く、奥会津の冬はもう間近に来てる
事を思いました。暦も立冬を過ぎましたし。
nice!(28)  コメント(18) 

Cafeギャラリー納屋 [ノンセクション]

                     「時代」
時代



時代



時代

                                 栃木県鹿沼市下永野  2017年10月下旬





お蕎麦屋さんの店先に立つ欅を撮り終えてからCafeギャラリー納屋へ行きました。

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-FwD-keBYTBk/
nice!(25)  コメント(8)