So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

星野へ彗星を見に [星景写真]

                     「ウィンターキャンプ」
ウィンターキャンプ



ウィンターキャンプ

                           栃木県栃木市星野町  2018年12月上旬






先週末(8日土曜日)いつもの星野へ彗星を見に行って来ました。ウィルタネン彗星と言う彗星です。
5.6cm12倍という小さな手持ちの双眼鏡でその彗星を見ましたが、意外にも大きくしっかりと見えました。
双眼鏡で星見と聞いて、そんなので星なんか見えるのかと思われがちだったりしますが、双眼鏡を夜空に
向けて星を見てみると、意外にも良く見えて驚くくらいです。
自分が星が好きになった動機は、中学生の頃に思い付きで双眼鏡で星を見た事にありました。

http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10292_ph181200?ref=side
nice!(14)  コメント(1) 

霜と紅葉 [マクロ接写]

                     「陽霜」
陽霜

                            福島県南会津町・木賊温泉  2018年12月上旬



                     「晩秋」
晩秋

                            栃木県小山市塚崎  2018年12月上旬



OLYMPUS OM-D E‐M5 MarkⅡ  M.ZUIKO DIGITAL ED 12‐40mmF2.8PRO



レンズはマクロレンズではありませんが、マクロレンズ並みに撮れるので重宝しています。
楓の紅葉は今年最後の紅葉撮影となりました。いわゆる残り紅葉です。
nice!(30)  コメント(8) 

今年最後の奥会津行き・2 [冬風景]

                     「初冬薄陽」
初冬薄陽



初冬薄陽







もっと真っ白な霜風景を期待しましたが、それほど霜の降り方は強くはありませんでした。
それでも撮影時の車の外気温計は-3℃で、日の出の頃は-5℃を表示していました。
現地の前日は半日以上雨模様だったらしく、その後での大気中の水分が多い中、それで朝方
冷え込めば霜も多く降りるのかと思いましたが。
日の出から太陽高度が上がるに連れ、霜の融け行く速度はまた早かったです。
nice!(34)  コメント(4) 

今年最後の奥会津行き [冬風景]

                     「地上の星霞む」
地上の星霞む



                     「枯霜景」
枯霜景

                           福島県南会津町・木賊温泉  2018年12月上旬






一昨日日曜日に撮った、木賊温泉の岩風呂近くの霜が降りた小風景です。
これが今年最後の奥会津行きとなりますが、この冬はまだ奥会津に雪はありませんでした。
早朝は路面の凍結もありましたが、ガチガチに凍ってもなく、タイヤもノーマルタイヤで十分走れました。
紅葉も全て終わったモノトーンの地上に降りた薄霜。薄霜なだけにこの冬の暖冬を予感しました。
nice!(40)  コメント(10) 

地上の星 [星景写真]

「星線の刻」
星線の刻

                              栃木県栃木市星野町  2018年11月中旬







「~~みんな何所へ行った 見守られることもなく 星野にある星を誰も憶えていない~~♪」
30数年前に初めて星野を訪れた時に見た冬の銀河は、決して何所へも行ってないのに今はその断片
さえも見られない。
しかし、普段あまり星を見ない人に夜間この地を案内すると凄く喜ばれるが、それは有り難く思う。


冬季に見られる冬の銀河は、銀河系の外側を見ている銀河になります。それと反対に当たる夏の銀河は、
銀河系の中心方向を見ている銀河になります。
銀河系は中心方向に行くと恒星の数が多くなり、それとは逆に外側に行くと恒星の数は少なくなります。
恒星の数が少ない冬の銀河は、恒星の数が多い夏の銀河と比べると見え方が薄くなります。
それに従って、例えば星空の暗さが標高の高い山奥に比べると劣る都市近くの山里などでは、夏の銀河は
見られるけれど冬の銀河は見られないが多々あります。
nice!(40)  コメント(10) 
前の5件 | -