So-net無料ブログ作成
検索選択

やはり残念な結果でした [動物・鳥類・昆虫]

                     「冬の陽」
冬の陽




                     「Pareja Blanca」
Pareja Blanca

                         栃木県小山市羽川  2015年2月上旬








今月大沼へ飛来して来たのコブハクチョウに残念な事があったと前々記事で記しましたが、
どうやら写真のどちらかの一羽が、大沼の傍にある高圧線にぶつかって死んでしまった事が明らかに
なりました。
数日前に人伝えで聞いてとても気になっていたので、今日大沼へコブハクチョウを見に行って来ました。
行ってみるといつも必ず寄り添っている2羽の姿はそこには無く、1羽のコブハクチョウの姿しか見えなくて
どこか寂しくて悲しそうな表情が漂っている様に見えました。
その時の大沼には多くの人が来ていて、どの人の口からは嘆きの言葉しかありませんでした・・・・・
コブハクチョウの冥福を祈りたいです。
・・・・・・しかし、大沼から高圧線の距離は短く、当然ながら大沼から高圧線の角度はかなり高くなります。
コブハクチョウが水面から飛び立って、高圧線までは達するにはあまりにも急過ぎて無理があるように
思われます・・・・・・
nice!(35)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 35

コメント 10

よしころん

残された1羽、がんばって生き抜いてほしいです。
by よしころん (2016-12-26 18:29) 

Yamamoto

こんばんは、よしころんさん、
何年か前にも事故で死んでしまった事がありました。ルアーの誤食でした。
僕もそう願います。
by Yamamoto (2016-12-26 22:57) 

shoko

どこの地域でも渡り鳥は皆に可愛がられて、そして悲しい事件もありますね。全員無事に帰したいですね。
by shoko (2016-12-27 18:33) 

ひろたろう

なんて言う残酷な事でしょう(T ^ T)
大事な家族が居なくなる辛さは、人間界と同じですよね!
何とか立ち直らせたいですね(T ^ T)
by ひろたろう (2016-12-27 19:16) 

Sippo☆

悲しい結果になってしまって・・・
生きていくことって、本当に危険と隣り合わせ。
たとえそれがどんなものであっても、、
だからこそ、生きている今を大切に生きなければと
あらためて思いました。
残された子にとっても、辛い出来事でしたね。
でも、きっと想いは天と通じ合っていることと思います。
by Sippo☆ (2016-12-27 21:59) 

Yamamoto

こんばんは、shokoさん、
小山市の大沼と言う調整池に飛来するようになって15年くらいになりますが
これまでに2,3回くらい死亡事故がありました。
釣り針や疑似餌の誤食は人の手で防げますので、その方の事故はあっては
ならないと思います。
by Yamamoto (2016-12-28 01:25) 

山本

こんにちは、ひろたろうさん、
死んでしまった直後は、きっと傍から離れられなかったんだろうと思います。
残された一羽には何とか頑張って貰いたいです。
by 山本 (2016-12-28 11:28) 

山本

こんにちは、Sippo☆さん、
そうですね、アフリカの様な野生じゃないにしても、何かと危険にさらされてますね。
今回の事故は、人間の手に関わる様な事で命を落としてしまって、それはとても残念でした。
何回か釣り針やルアーを飲み込んで死んでしまった事があり、それだけはもうこれ以上あってはなりません。
by 山本 (2016-12-28 12:05) 

馬爺

おはようございます。
今年一年ありがとうございました、新年もよろしくお願いいたします。
佳き新年をお迎えください。


by 馬爺 (2016-12-29 10:58) 

Yamamoto

こんばんは、馬爺さん、
コメント返信がすっかり遅くなってしまいました。
こちらこそBlogでは色々とお世話になりました。
来年も宜しくお願い致します。佳いお年をお迎え下さい。
by Yamamoto (2016-12-30 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0